2014年05月21日

海波家のつくも神

というわけで続報です。
書影&あらすじが公開されました。
タイトルは『海波家のつくも神』です。
詳しくは公式サイトをご覧くださいませ。
こちらはもうちょっとだけ詳しいあらすじです。

表紙は、えいひ様に描いていただきました。
ご覧の通り大変可愛らしいです。
ぜひ、6月14日には書店にてまじまじと見つめていただきたいです。

今回、初めて現代を舞台に書きました。
書いていたのが去年の初夏〜夏真っ盛りの時期だったせいもあって、夏の和室で窓を開けっ放しにして畳の匂いとか蚊取り線香の匂いとかスイカの匂いとか風鈴の音とかを感じるようなお話を書きたいな〜と思っていたんですけど物語の都合上、作中の季節は春です。なんてこった。
でも、雰囲気的にはそんな感じです。たぶん。きっと。
続き物とかではないので、気楽にお読みいただければと思います。

あと、創刊ラインナップをぼんやり眺めていて、私・・・・・・気づきました。
創刊メンバーの中に、ひとりだけ仲間はずれがいることに。
もう一度、公式サイトをよくご覧ください。

おわかりいただけたでしょうか。

そうです。
私だけ、名前に植物が入ってない。

すごいどうでもいい!
でも気づいてしまった瞬間襲いくる圧倒的ぼっち感!
そして私のせいで偶然の一致が成立しなかったことに対する謎の申し訳ない感!
なんか・・・・・・すいません・・・・・・。
posted by 帆希 at 23:26| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。